• MAL

雨の日のポートレート

本日は窓の外を眺めながらそんな投稿をしてみます…。

ロケ撮影をご依頼される多くの人は当日のお天気を気にされます。

もちろんその写真の目的によっては晴れていた方がいいこともありますが、僕は撮影の日が必ずしも晴れでなくてもよいと感じることがあります。

以前にご依頼された家族写真… ご夫婦(ご依頼人でもある、おじいちゃん、おばあちゃん)と、その3人の息子さん達のご家族が集まった大家族の撮影の日はなんと台風が通過する日に当たってしまいましたが、皆さん何も気にすることなく、家の中でも外でもそのまま撮影を決行。

びしょ濡れになったり家の中で傘をさす子ども達もいたり、幾つかのハプニングも絵になるのが写真の面白いところで、これまた忘れられない素敵な作品がいっぱいになり、ご依頼者の方々にも大喜びされたことがありました。

また、あるファッション誌の撮影時にも、雨の日にスタジオに逃げるのではなく、あえて傘を使って撮影したり、ある3月の日にロケ地だった牧場の敷地一面に一夜で積もってしまった雪の中で春夏のワンピースを撮った経験もあります。

(一面の白い雪の中での赤いヒールや半袖のパステルなワンピースとのコントラストが鮮やかで今でも忘れられないロケの1つ、モデルさんを含めスタッフ皆んなでよく頑張りました)

「こうでなければならない/must」という価値観よりも、僕はその日その時にしか撮れない今そこの状況、今ここの皆さんの瞬間を大切に描写し、忘れられない一枚、ずっと眺めていたい一枚として形にすることが写真の醍醐味であり、かけがえのない未来に繋がっていくものだと… そんな考えも持ちながらシャッターをきっています。

日本人としての四季や情景、状況への繊細な感性… 「自然」に逆らわず、「心」に逆らわず、ありのままでのポートレート撮影は、未来で振り返った時にはとても印象深くかけがえのない一枚(宝物)になっていることでしょう。

最新記事

すべて表示

ひとりの人の「純粋さ」を撮影するということ。

これから撮影するポートレートの使用目的は無く、被写体である本人のためだけに撮るポートレートである場合… 当日シャッターを切り始める迄の僕のモチベーションコントロールやイメージトレーニングは、使用目的のあるポートレートに比べて、より繊細な自己管理を必要とする作業になります。 例え

自分と対話する時間

僕が文章での表現を意識し始めたのは心理学を学び始めた2007年の頃、それまではもちろん写真で表現していました。 元々は言語での表現やコミュニケーションが苦手だったため、それに代わるものを探し求め写真という手法に辿りつき、それがそのまま仕事も含めての僕の人生そのものになりました。

時間とエネルギー(本日は殴り書き)

人が持つ時間とエネルギーは限られている。 時間は人に平等に与えられたものであり、エネルギーも個人差はあるものの個々に持つ量は決まっている。 どちらも貴重なもので、増やしたいからと言って増やせるものではない。 人と接する時は相手の貴重な時間をいただいていると意識し、仕事であればその

© Photographer MAL 1990-2020 by Marumoto Yusuke

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

当サイトの内容、テキスト、写真等のコピー・無断転載・無断使用・SNSでのシェア等を固く禁じます。

このサイトに掲載されている作品や写真はフォトグラファーMALのWorksとしてご紹介しています。

掲載につき何か不都合がございましたら削除・変更いたしますので、その際は誠に恐れ入りますが「Contact」 からご連絡頂きますようお願い申し上げます。