top of page
  • MAL

自分自身の写真を部屋に飾ると何故元気になるのか?/ ポートレート撮影におけるコンセプトとしての「存在認知(ストローク」

人の心はストローク(存在認知)が無いと生きていけない。

ストロークとは人と人とのやりとりの全てを言い、存在認知とも呼ばれるその定義は

「あなたがそこにいることを、私は知っている」


人は自分の存在を知ってもらうということそのものが最低限の幸せであり、それ無くしては生きていけない。

故に人の心が一番恐れるのは「無視・無反応」である。


一見するとストロークは他者と交わされるものであるが、私の見解としては先ずは自分自身の存在認知が大切だと考えます。


それは

「私がここにいることを、わたしは知っている」


それを意識し向き合うことで、他者とのストロークの質の向上に繋がると感じています。


私が推奨する「自分自身のポートレートを部屋に飾る」ということ。


いつも眼にできる場所に自分自身が描写されたポートレートを飾ってみる。

ある程度大きなものが効果的。


自分自身が描写された写真を日々眺めることにより、意識的にも無意識的にも、これまであるいはこの先の自分の人生と向き合い、時に葛藤し、時に勇気づけられ、時に癒される。

自己回復力や自己効力感の向上は人生を生きるための財産となり、それが本当の自分の存在を生きるという意識へと大きく関わっていく。


それがポートレートが持つ力であり写真の可能性であると私は考えます。


事実、ポートレート撮影から部屋に写真を飾るところまでを行なったお客様からはポジティブな声が届いています。


人生においてのあなたの欲しい答えは、その一枚のポートレートのなかに在るのです。


※ 大切な人や家族写真を部屋に飾ることもまたしかり。そこには他者との質の高い存在認知(ストローク)が存在し、状況によってはグリーフケアに繋がることも珍しくありません。


記事 : Photographer MAL / 丸本祐佐

http://photospark.info

http://photographer-mal.com

https://www.emotional-partners.com

【Why do we feel better when we hang a picture of ourselves in our room? / "Presence recognition (stroke)" as a concept in portrait photography】

The human mind cannot live without strokes (recognition of existence).

Strokes are all interactions between people, also known as presence recognition.

I know you are there.


The very act of having one's presence known is the minimum happiness, without which one cannot live.

Therefore, the greatest fear of the human heart is "ignorance and non-response.


At first glance, strokes are exchanged with others, but in my opinion, the first step is to recognize one's own existence.


It is

"I know that I am here."


By being aware of and facing this, I feel that the quality of strokes with others will improve.


I recommend "decorating your room with a portrait of yourself.


Try to hang a portrait of yourself in a place where you can always see it.

A somewhat large portrait is effective.


By looking at a portrait of yourself on a daily basis, you will consciously or unconsciously confront, sometimes struggle with, sometimes be encouraged by, and sometimes heal from your past or future life.

The increase in self-resilience and self-efficacy becomes an asset for living life, and this has a significant bearing on the awareness of living one's true existence.


I believe this is the power of portraiture and the potential of photography.


In fact, I have received positive feedback from clients who have had their portraits taken and their photos displayed in their rooms.


The answer to what you want in life is in that one portrait.


The same is true when you hang a portrait of a loved one or family member in your room. It is not uncommon to have a high quality of presence recognition (strokes) with others, which can lead to grief care depending on the situation.


Article : Photographer MAL / Yusuke Marumoto

http://photospark.info

http://photographer-mal.com

https://www.emotional-partners.com




bottom of page