• MAL

自分の名前で仕事をするということ。

フリーランスのフォトグラファーとして、これまでずっと自分の名前で仕事をしてきました。

どこにも属さず、組織や会社の名前を借りるわけでもなく。

多くのフリーランスがそうであるように、集客からギャラの交渉、自分の専門の仕事をし(ポートレート撮影)、請求書作成から入金チェックまで、全て自分の責任で行っていく。

どこかにミスがあっても自分の責任だし、仕事中に自分の意図しないところでカメラやパソコンが壊れても自分の責任。

いつどんなピンチの時も誰も守ってはくれないし、自分で対応しなければならない。

失敗したり、良いものを上げなければ、次はもう無いかもしれない。

そんな中でもリスクを恐れず、クライアントが求めている以上のものを常に表現し、それを作品として未来に繋げていく。

そのために心身の自己管理を行い、エネルギーを一瞬のシャッターに集中させられるよう意識しながら毎日を生活をする。

イメージトレーニングは欠かさず、そのイメトレも含めた準備により次の仕事の7割は終わらせておく。

好きなことだから、仕事とプライベートの境界はなく、仕事をしていないときでもエネルギーと時間の殆どを表現や想像に費やすことが習慣となっている。

誰かに仕事の一部を依頼する時も、自分の責任の範囲内であることを意識し、その人が失敗をしたとしても、自分が出て行くことで責任を取れることもイメージしておく。

好きな服を着て、言葉使いや仕草もセルフプロデュース、その個性や日々のコンディション管理、イメージトレーニングにかける時間をもきちんとギャラ(撮影料金)に上乗せをする。

その生き方そのものが表現者の責任であり、それが自分の名前で仕事をするということ。

しかしこれは、自分の名前で仕事をしたことの無い人には、理解できないことなのかもしれません。

それでも僕は今日も、自分の名前で、自分の責任の元に、皆さんのポートレートを撮影しています。



最新記事

すべて表示

ひとりの人の「純粋さ」を撮影するということ。

これから撮影するポートレートの使用目的は無く、被写体である本人のためだけに撮るポートレートである場合… 当日シャッターを切り始める迄の僕のモチベーションコントロールやイメージトレーニングは、使用目的のあるポートレートに比べて、より繊細な自己管理を必要とする作業になります。 例え

自分と対話する時間

僕が文章での表現を意識し始めたのは心理学を学び始めた2007年の頃、それまではもちろん写真で表現していました。 元々は言語での表現やコミュニケーションが苦手だったため、それに代わるものを探し求め写真という手法に辿りつき、それがそのまま仕事も含めての僕の人生そのものになりました。

怖いもの

周りに怖いものはなく、 本当に怖いと感じるものは成長することへのモチベーションが下がること。 そうなると生きた心地がしない。

© Photographer MAL 1990-2020 by Marumoto Yusuke

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

当サイトの内容、テキスト、写真等のコピー・無断転載・無断使用・SNSでのシェア等を固く禁じます。

このサイトに掲載されている作品や写真はフォトグラファーMALのWorksとしてご紹介しています。

掲載につき何か不都合がございましたら削除・変更いたしますので、その際は誠に恐れ入りますが「Contact」 からご連絡頂きますようお願い申し上げます。