• MAL

繊細で敏感、身体が弱かったり、病を抱えていたとしても、人は本当の自分の人生を生きることできる。むしろ与えられた時間に限りがあることを知り意識することが重要である。

そうか、僕は物心ついた時から身体が弱かったので、無意識のうちに自分に与えられた時間に限りがあることを知り、遊びや趣味を持つことはせず、自分の感性を活かせるクリエイティブなところに全てのエネルギーを注いできたのだと思う。

故に幼少の頃から今に至っても、僕の1日24時間には仕事や学業、プライベートなどの垣根は一切なく、それ全てが円環的な時間の中に存在する僕の人生そのものである。



One can live one's true life, even if one is sensitive, frail, or ill. Rather, it is important to know and be aware that the time we are given is limited.


I have been physically weak for as long as I can remember, so I subconsciously knew that my time was limited, and I think I never played or had hobbies, but instead put all my energy into creative areas where I could use my senses.

Therefore, from my childhood to the present, there are no barriers between work, study, or private life in my 24-hour day, and all of them are my life itself.



All of it is my life itself、その全てが私の人生そのものなのです、MAL、Photographer、フォトグラファー、心理学
All of it is my life itself.©︎MAL