• MAL

社会的地位や立場、肩書きに関わらず、基本的に人はひとりの「人」である。ただし...

ふと思いました…

僕は昭和41年生まれなので終戦から21年後に生まれたことになりますが、今この年齢で考えてみると21年前なんて全く遠い過去ではなく、むしろ最近の出来事のような時間的感覚に陥ります。

現在世界で起こっている悲しい出来事が無かったとしたら、今ここでこの様なことは考えなかったかもしれません。


人類の歴史の繰り返しや、未だなお人の心の幼さや愚かさに対して残念な気持ちでいっぱいですが、人間を社会的立場や肩書きに関わらず1人の人として考えた場合、やはり「存在を知って欲しい」(存在認知/ストローク)「わかって欲しい」という気持ちは例外なく誰にでもあるものであり、それ無くしては人は健康的には生きていけないのだと、深く感じています。


一国の大統領であれ、1人の会社員であれ、子どもであれ大人であれ、大小の違いはあれど、人の心が欲するものは何ら変わることなく、基本的に人はひとりの人なのだと。


ただし社会的立場や責任が高くなればなるほど、また意識レベルの高い会話(ストローク)を求めれば求めるほどコミュニケーションのできる他者は圧倒的に減少し、得られるストロークが極めて少ないという状況も珍しくないと思います。

その場合、自分の深い部分と繋がることができる「孤独」の時間を楽しむことは多くありますが、質の高いストロークを他者と交換することは、人の心が健康的に生きていく上では必要不可欠です。


人生を通して、あるいは仕事や日常を通して、自分はどんな「ストローク/存在認知」を求めているのかを意識することはとても大切なことであり、それを踏まえた上で自分と向き合うという意味において、僕が撮るポートレートはそのきっかけやお手伝いになるものであると考えています。


(故に時折、あなたのポートレート撮影はセラピーのようだと仰る人もいらっしゃいます。)


フォトグラファーMAL / 丸本祐佐



【A person is basically one "person" regardless of social status, status, or title. but...】


It occurred to me...


I was born in 1971, so I was born 21 years after the end of the war, but if you think about it at this age, 21 years ago is not a completely distant past, but rather a sense of time like a recent event.


If there were no sad events happening in the world right now, I might not have thought about this here and now.


I am full of regrets about the repetition of human history and the youngness and stupidity of people's minds, but if you think of human beings as one person regardless of their social position or title, "I want you to know about existence" (existence recognition/stroke ) The feeling of "I want you to understand" is something that everyone has without exception, and I deeply feel that people can't live healthily without it.


Whether you are the president of a country, a single office worker, a child or an adult, regardless of the difference in size, there is no change in what people's hearts want, and people are basically one person.


However, the higher the social position and responsibility, the more you ask for a conversation (stroke) with a high level of consciousness, the overwhelmingly fewer others who can communicate, and the fewer strokes you get. I don't think so.


In that case, you often enjoy the time of "loneliness" where you can connect with the deep part of yourself, but exchanging high-quality strokes with others is essential for a person's mind to live a healthy life.


It is very important to be aware of what kind of "stroke/existence recognition" you are looking for throughout your life, work and daily life, and in the sense of facing yourself based on that, the port I take. I think the rate will be the trigger and help.


(Therefore, sometimes some people say that your portrait photography is like therapy.)


Photographer MAL



小さな世界、Small World、スモールワールド、MAL、フォトグラファー、心理学、存在、コンセプト
Small World ©︎MAL