• MAL

対話するポートレート

「治そうとするな、わかろうとせよ。」

心理学を学び始めたころ衝撃を受けたこの言葉は、心理カウンセリングの神様と言われたカール・ロジャーズのものですが、あれから13年経った今でも最も大切にしている言葉であり、自分を成長させていく上で原動力となったもののひとつです。

この言葉をもう少し日常に近づけるなら「アドバイスするな、わかろうとせよ。」「否定するな、わかろうとせよ。」、などのようになるのかもしれません。

「わかろうとする」ということは人の話を「きちんと聴く」ということでもあり、ある程度のスキル(時間と余裕と技術)が必要で、それを日常の中で行おうとするならば、聴き手となる人の心は常に純粋でニュートラル、柔軟で余裕のある状態が望ましく、相手の感情や思考と自分の感情や思考とをきちんと区別できることを身体に落とし込まれている状態が条件として挙げられる。

そう考えると、日常会話では「人の話をきちんと聴く」ことは余りなく、その多くは無難で他愛もないテーマが次から次へとコロコロ変わり結論なく終わる会話が殆どで、日常では相手に対して「わかろうとする」コミュニケーションが極端に少ないと言えるかもしれません。

「治そうとするな、わかろうとせよ。」「アドバイスするな、わかろうとせよ。」「否定するな、わかろうとせよ。」

現代社会では多くのジャンルで「感情/emotional」より「思考/logic」を優先としていることが多いと感じていますが、僕はそんな時代であっても、やはり「感情」や「情緒」を大切にシャッターを切ることを心がけ、ただ綺麗とか上手いとかを追求する写真よりも、被写体となった人も、見る人も、自分自身と対話することができるポートレートを提供していきたいと思います。

ポートレートを通して「私(被写体)はこのままでいいんだ。ありのままでいいんだ。」と、そんなことをお伝えできたなら、僕は本望です。

最新記事

すべて表示

ひとりの人の「純粋さ」を撮影するということ。

これから撮影するポートレートの使用目的は無く、被写体である本人のためだけに撮るポートレートである場合… 当日シャッターを切り始める迄の僕のモチベーションコントロールやイメージトレーニングは、使用目的のあるポートレートに比べて、より繊細な自己管理を必要とする作業になります。 例え

自分と対話する時間

僕が文章での表現を意識し始めたのは心理学を学び始めた2007年の頃、それまではもちろん写真で表現していました。 元々は言語での表現やコミュニケーションが苦手だったため、それに代わるものを探し求め写真という手法に辿りつき、それがそのまま仕事も含めての僕の人生そのものになりました。

時間とエネルギー(本日は殴り書き)

人が持つ時間とエネルギーは限られている。 時間は人に平等に与えられたものであり、エネルギーも個人差はあるものの個々に持つ量は決まっている。 どちらも貴重なもので、増やしたいからと言って増やせるものではない。 人と接する時は相手の貴重な時間をいただいていると意識し、仕事であればその

© Photographer MAL 1990-2020 by Marumoto Yusuke

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

当サイトの内容、テキスト、写真等のコピー・無断転載・無断使用・SNSでのシェア等を固く禁じます。

このサイトに掲載されている作品や写真はフォトグラファーMALのWorksとしてご紹介しています。

掲載につき何か不都合がございましたら削除・変更いたしますので、その際は誠に恐れ入りますが「Contact」 からご連絡頂きますようお願い申し上げます。