• MAL

写真を撮られるのが苦手

「私、写真が苦手なんです。」…

人が写真を撮られるのが嫌いになる、苦手になる要因のひとつとして、写真は笑顔でなければならないという価値観の元で撮られた経験を持つ方々が少なくないのもまた事実かと思います。

モデルやタレントでさえ、ただ「笑って!」と言われたところで素直な笑顔になれない人達もいる中で、撮影に慣れていない一般の人達がフォトグラファーに「笑って!」と声をかけられたところで素直な笑顔が出るとは限りませんし、逆にプレッシャーとなる場合もあるのではないでしょうか。

僕はこう思います… 写真だからって、笑ってなくてもいい、ありのままでいい、その時その瞬間の素直な気持ちのままでいい。

それこそが今ここの生きたポートレートだと、僕はそう思います。

フォトグラファーはその時その瞬間に、被写体とどう関わるのか、意図を持つのか持たないのか、自分の情緒や感情をどれくらい写真に乗せるのかなど、意識してシャッターを切ることが大切であり、そのためにも日々のコンディション管理や自分と向き合う時間を作ることも仕事のひとつだと考えています。

個人的には、写真を撮られるのが苦手な方からのご依頼も大歓迎ですし、そのような方々からのご依頼も少なくありません。

僕と一緒にポートレートを楽しみましょう。

最新記事

すべて表示

ひとりの人の「純粋さ」を撮影するということ。

これから撮影するポートレートの使用目的は無く、被写体である本人のためだけに撮るポートレートである場合… 当日シャッターを切り始める迄の僕のモチベーションコントロールやイメージトレーニングは、使用目的のあるポートレートに比べて、より繊細な自己管理を必要とする作業になります。 例え

自分と対話する時間

僕が文章での表現を意識し始めたのは心理学を学び始めた2007年の頃、それまではもちろん写真で表現していました。 元々は言語での表現やコミュニケーションが苦手だったため、それに代わるものを探し求め写真という手法に辿りつき、それがそのまま仕事も含めての僕の人生そのものになりました。

時間とエネルギー(本日は殴り書き)

人が持つ時間とエネルギーは限られている。 時間は人に平等に与えられたものであり、エネルギーも個人差はあるものの個々に持つ量は決まっている。 どちらも貴重なもので、増やしたいからと言って増やせるものではない。 人と接する時は相手の貴重な時間をいただいていると意識し、仕事であればその

© Photographer MAL 1990-2020 by Marumoto Yusuke

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

当サイトの内容、テキスト、写真等のコピー・無断転載・無断使用・SNSでのシェア等を固く禁じます。

このサイトに掲載されている作品や写真はフォトグラファーMALのWorksとしてご紹介しています。

掲載につき何か不都合がございましたら削除・変更いたしますので、その際は誠に恐れ入りますが「Contact」 からご連絡頂きますようお願い申し上げます。