top of page
  • 執筆者の写真MAL

人の心が一番欲しいもの/ポートレートと心理学/存在認知(ストローク)

人の心は「ストローク」が無いと生きていけない。


存在認知とも呼ばれるストロークの定義とは

「あなたがそこにいることを、わたしは知っている」


ストロークとは、言語・非言語を含めた人と人とのやり取り全てのことで、大きく分けてプラスのストロークとマイナスのストロークがあります。


とりわけプラスのストロークを得ることで人の心は健康でポジティブな方向へと向かい、逆にプラスのストロークを得られずマイナスのストロークが多い状況にあると、人の心はネガティブで不健康な方向へと動いていく傾向にあります。


基本的にプラスのストロークはプラスのストロークでしか得ることができませんが、プラスのストロークを得られない状況にある人は「プラスが貰えないならマイナスでもいいからちょうだい」という行動に出たり、それを習慣として持っている人も珍しくありません。


何故なら最初にも書いたように、人の心はストロークが無いと生きていけないのです。


その人がどんなストロークを行うのかは、幼少期から成長期、または今置かれている状況が大きく関わっています。


ストロークを行う状況を日常の中で分けて考えると下記のようになります。


①人の存在がわかる場所に身を置いているが、意識的な交流の無い状態

② 挨拶

③ 雑談・世間話 ・井戸端会議

④ ビジネス・職場

⑤ ゲーム(←心理学用語)

⑥ 恋人や家族間など親しい間柄


※個々の説明についてはまた機会があればお伝え致します。


この様に人の人生はストロークを中心に動いており、それ無くしては生きていけないほど重要なものであるにも関わらず、自分から学ぶことを望んだり選択しなければ、誰からも教えてくれることなどありません。


しかしストロークについて学んでいれば、自分はどんなストロークを求めていて、どんなストロークが足りないのか知ることもでき、自分を含めた対人的な環境や交友関係を客観的に眺めたり見直すこともできるでしょう。


家族間のコミュニケーションも同じく客観的に眺めてみることも可能です。


日頃のニュースから例を上げてみると、必要のないクレームで人に絡んだり、大金を注ぎ込む夜のお店などにハマることも、自分に足りないストロークを知り、向き合い、解決することで、軽減・改善すると考えられます。


また高齢者社会へのご提案として、

高齢になると益々簡単ではなくなるストロークの交換を、どこで確保するのか考えておくことも必要であり、可能であれば自ら周りと協力し、ストロークの交換ができる場所作りを考える必要があると思います。


この様に人生を健康的に生きる上で最も重要なストローク(存在認知)を知り学ぶことで、多くの人達の人生はより幸せな方向に向かうのではないかと、自らの学びと経験を踏まえ、私は強く感じています。


記事 : Photographer MAL / 丸本祐佐



【What the human heart wants most/Portraits and psychology/presence perception (strokes)】


The human mind cannot live without "strokes".


The definition of stroke, also called presence perception, is

I know that you are there."


Strokes are all interactions between people, both verbal and non-verbal, and can be broadly divided into positive and negative strokes.


In particular, positive strokes tend to move a person's mind in a healthy and positive direction, while a situation in which a person does not get positive strokes and has many negative strokes tends to move a person's mind in a negative and unhealthy direction.


Basically, positive strokes can only be obtained through positive strokes, but it is not uncommon for people in situations where they are not getting positive strokes to engage in the "if I can't get a positive one, give me a negative one" behavior, or to have this as a habit.


Because, as I mentioned at the beginning, the human mind cannot live without strokes.


What kind of strokes a person performs has a lot to do with his or her childhood, growing up, or the situation he or she is in now.


The situations in which strokes are performed can be divided into the following categories in daily life.


(1) Being in a place where one's presence is known, but there is no conscious interaction

(ii) Greetings

(iii) Chit-chat, small talk ・Well-being

(iv) Business, workplace

5) Games (←psychological term)

(vi) Close relationships such as between lovers or family members


We will provide individual explanations when we have a chance.


As you can see, our lives revolve around strokes, and although they are so important that we cannot live without them, no one can teach us about them unless we wish or choose to learn them ourselves.


However, if you learn about strokes, you will know what kind of strokes you want and what kind of strokes you lack, and you will be able to look at and review your interpersonal environment and friendships, including your own, objectively.


Communication between family members can also be viewed objectively.


To take an example from the daily news, getting involved with people for needless complaints, or getting into nightclubs where you pour large sums of money, etc., can be reduced or improved by knowing, facing, and resolving the strokes you are missing.


And as a suggestion for our aging society.

It is necessary to think about where to secure the exchange of strokes, which becomes less and less easy as people get older, and if possible, to cooperate with others to create a place where they can exchange strokes.


Based on my own learning and experience, I strongly feel that many people's lives will be happier if they learn to know and study the most important strokes for a healthy life.


Article: Photographer MAL / YUSUKE Marumoto





Comments


bottom of page