• MAL

こんな自分、初めて見た。

ポートレートを撮影していると、「こんな自分を見るのは初めて」「素の自分ってこんな感じなんですね」「私ってこんな笑い方するんだ」… このような声を聞くことが珍しくありません。

普段スマホやiPhoneなどでの撮影は、大切な人や家族、友人や仕事仲間などのようなよく知っている人に撮られることが多いのではないでしょうか。

そうであれば無意識のまま社会的肩書きを演じながら写真を撮られているのかもしれません。

家族内であれば、母、父、子どもなどの役割があり、社内でも上司や部下など個々に立ち位置や立場があり、気が知れた友人関係の中にあったとしても、心のどこかで自分はこうじゃなきゃいけないと別人を演じていたり…。

人は社会で生きていく中で様々な肩書きや立場を持っています。

その肩書きや立場を外れたところが素の自分、「ひとりの人」として自分らしくいられる時間なのではないかと、僕はそう考えています。

ポートレートを気心が知れている人に撮られるのも素敵なことだと思いますが、普段全く知らない「僕/MAL」という人間と会い、普段の肩書きを全て外しありのままの自分を描写してみる。

個々に大小の違いはあれ緊張もするかもしれませんが、人としてそれはそれで良いのではないでしょうか。

撮影後は日常にはない何か余韻を感じながらも「ありがとうございました」と終了し、写真ができた後は自分自身を眺めてみる。

感じたことや想いを言葉や文章で表現しても面白く、これまで気づかなかったり忘れていた素の自分がどんどんと出てくるかもしれません。

「撮影って面白い」「ポートレートって面白い」「もっと撮りたくなった」「より自分が好きになった」「自分が愛おしく見える」...。

そんな声を聞くのが僕は大好きです。

最新記事

すべて表示

ひとりの人の「純粋さ」を撮影するということ。

これから撮影するポートレートの使用目的は無く、被写体である本人のためだけに撮るポートレートである場合… 当日シャッターを切り始める迄の僕のモチベーションコントロールやイメージトレーニングは、使用目的のあるポートレートに比べて、より繊細な自己管理を必要とする作業になります。 例え

自分と対話する時間

僕が文章での表現を意識し始めたのは心理学を学び始めた2007年の頃、それまではもちろん写真で表現していました。 元々は言語での表現やコミュニケーションが苦手だったため、それに代わるものを探し求め写真という手法に辿りつき、それがそのまま仕事も含めての僕の人生そのものになりました。

時間とエネルギー(本日は殴り書き)

人が持つ時間とエネルギーは限られている。 時間は人に平等に与えられたものであり、エネルギーも個人差はあるものの個々に持つ量は決まっている。 どちらも貴重なもので、増やしたいからと言って増やせるものではない。 人と接する時は相手の貴重な時間をいただいていると意識し、仕事であればその

© Photographer MAL 1990-2020 by Marumoto Yusuke

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

当サイトの内容、テキスト、写真等のコピー・無断転載・無断使用・SNSでのシェア等を固く禁じます。

このサイトに掲載されている作品や写真はフォトグラファーMALのWorksとしてご紹介しています。

掲載につき何か不都合がございましたら削除・変更いたしますので、その際は誠に恐れ入りますが「Contact」 からご連絡頂きますようお願い申し上げます。