Concept

​「存在認知(ストローク)とポートレート」

いま僕は被写体となる方々の鏡となり、その人が写真を通してご自身の存在と対話ができるポートレートにしたいと日々努めています。

いかなる時も僕自身の根底にもあった「存在認知」のその定義とは「あなたがそこにいることを、私は知っている」。

心理学用語でストロークとも呼ばれ、人の心が生きていく上で一番欲しているものであり、それ無くして人は生きていけないと言われています。

ポートレート撮影は、その「存在認知/ストローク」を感じていただくための最高の手法。

それについて言葉で全てをお伝えすることはできませんが、その答えは写真の中に描写してあります。

人は誰であれ今の命を生きるということは「存在認知」を満たしていく作業、あるいは大切な人も含めた他者との「存在認知」を確かめていく作業なのかもしれません。

一枚のポートレートを鏡に自分自身や大切な人の存在と対話することにより、あなたが欲しかった答えがそこに在ったなら、僕は本望です。

「Recognition of Existence & Portrait」

I am a mirror for the people of portraits; I make my effort to help them to be able to talk to themselves through this experience. I had one definition of “recognition of existence” and this had been there at any time in the deep down, and this is “I recognize that your existence is right there”.

This is called “stroke” in the terminology of psychology and is essential for the human mind and we cannot live without that. The portrait, I believe, is the best way to let someone feel the positive stroke/ recognition. Words cannot describe all the essences inside of this but I try to put as much as possible in my works you see. Whoever it is, or the whatever the shape of the life is, living the life means filling up this recognition of self and confirmation of that by the others surrounding you.

My wish is that you could find the answer you want in portraits here. They are the mirrors for you to help talk to yourself and the people you care about.

© Photographer MAL 1990-2021 by Marumoto Yusuke

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

当サイトの内容、テキスト、写真等のコピー・無断転載・無断使用・SNSでのシェア等を固く禁じます。

このサイトに掲載されている作品や写真はフォトグラファーMALのWorksとしてご紹介しています。

掲載につき何か不都合がございましたら削除・変更いたしますので、その際は誠に恐れ入りますが「Contact」 からご連絡頂きますようお願い申し上げます。